2008年9月26日金曜日

HUNTER×HUNTER

天空闘技場にでてくる片腕のないキャラと、足のないキャラがいたのですが、アニメのではあるけど使えないみたいになってました。
片腕のないキャラのほうは骨折した時みたいに腕をつるしていて、足のないキャラは服の中に隠しています。
ただ腕のないキャラはつるしてるほうの手を少し動かしたりしていますし、足のないキャラも途中で自分の足で立ち上がってます。
あと車椅子に乗っているキャラもいるのですが、これもおばあちゃんとかが乗っている電動の四輪の乗り物に代わっていました。
これだと原作と違いすぎてちょっとどうかと思います。
障害者に見えるのがまずかったのでしょうか?(dadaさん)


コミックでは白痴と言ったキャラクターがい白痴から阿呆に差し変わっていました
21巻にメルエムが命乞いをする女性達に対して言っていました。コミックでは白痴から表現の柔らかい阿呆に変わっているのに、キルアがラモットの首をコナ ゴナする所はジャンプ掲載時にはぼやけさせているのにコミックでは逆にハッキリ見せる…。なんだか矛盾してますね。(ゴッツアヲさん)

21巻は他にもジャンプでは修正されていた箇所が出来る限り修正解除されてましたね。(真っ黒に隠されてた箇所も透けて見えるようになってたし)
まあ、全体的な描き直しは作者恒例となってますが・・・(笑)(PONさん)


(放送事故、ハプニング)アニメ編 HUNTER×HUNTER

1 件のコメント:

高橋太賀 さんのコメント...

リメイク版アニメでカイトの技の「気狂いピエロ(クレイジースロット)」が放送禁止用語が混ざっているのに普通に技名テロップで出てました。
「気狂い」とは発音しないから大丈夫なのでしょうか?